21世紀は音響免疫療法で心を幸せにするITテクノロジーの時代

MENU

電子文明は人間の心を壊す

携帯電話の普及は 人間の心を不幸にする

 

21世紀は音響免疫療法で心を幸せにするITテクノロジーの時代

感情・感動を伝えない携帯電話の普及は人間の心を不幸にする

インターネットの普及で情報が氾濫し 社会不安を招いています

子供が低体温の状態で、残酷なゲームで夢中になると、ゲーム脳を生みゲーム依存症になります。
脳は残酷なゲームによって、仮想空間と現実の社会の区別がつかなくなり、病的な性格に変わり、凶暴になります。
愛する心、優しい心をなくし、コミュニケーション能力がなくなってしまいます。
電子文明の発達は、優しい人間性と感情が失われてしまいます。
インターネットに長時間没頭する、ネット依存症が急速に広がりをみせています。
睡眠不足など健康への悪影響で引きこもりや不登校の引き金となっています。
学生が多人数で楽しむオンラインゲームに没頭、学校に行けなくなった中・高校生は51万人です。
21世紀は心を幸せにするIT テクノロジーの時代。
携帯電話・パソコンの電磁波によるエレクトロスモックから守ることが大切です。

 

携帯電話は人間の本能・テレパシー・スピリチュアルの能力を

失わせてしまいます

古代の人間は、お互いに持つ生体磁石の磁気エネルギーで磁気共鳴し、テレパシーやスピリチュアルの磁気エネルギーで心を伝え合っていました。
携帯電話やテレビの電子文明の普及は、メールや電話での心を伝えない方法は、テレパシーやスピリチュアルの本能と能力を失ってしまいました。
テレパシーを「伝える」「感じる」磁気エネルギーのない人間になっています。
液晶テレビを開発した西堀貞夫は、無気力な人間をつくる携帯電話、液晶テレビに責任を感じています。

 

テレビを幼児1~3歳に毎日長時間視聴させると

視線を合わせて会話しなくなります

幼児1~3歳に毎日、長時間「死んだ音」のテレビを視聴させると視線を合わせて会話をしなくなり、表情の変化の乏しいコミュニケーションのちぐはぐな表情になります。
母親の愛情の生きた声の響きが、胎児の心を育てています。
感動の無いテレビ映像の身体に響かない「死んだ音」は、成長期の幼児の心に生きた感動を与えないため、心と脳に悪い影響を与えています。

 

耳で聞く最新のCDや配信音楽は 低周波・高周波の

音域のカットは感動を感じない人工音の設定になっています

耳で聞く最新のCD や配信音楽は、低周波・高周波の音域が意図的にカットされ、死んだ音になってます。
このため心に感動を覚えません。
カットされ、洗脳された人工音の設定では、音楽が身体に響かないため、聞く人は感動できず、恍惚感を感じられません。
心が不安定となり、心と脳に悪い影響を与え、無気力や切れる性格になると言われています。
最新のCD は、生きている声を忘れ、死んだ音を聞かせています。
「生きている自分の声」を録音し聞くと「死んだ音」とその違いが分かります。

 

電子文明の発展は 人間の心と身体に害を与えています

レントゲン写真

レーザー・X線は人体を透視し組織に割合が異なることを利用し人体の内部を写し出す。

ガン治療

50万ヘルツの波動エネルギーを利用し肝臓がんを治療する。

携帯電話、ラジオ、ステレオ

音波は空気の密度が高い部分と低い部分に繰り返し伝わっていく縦波の響きです。(耳で聞ける音は10~2万ヘルツ)

電子レンジ

電波(極超短波)を応用し食品の温め調理に使用。

エコー検診

波動である超音波を使用、体内に超音波を入射し戻る時間と強弱から体内の透視画像を知る事ができる。
(波動を伝えるため身体にジェルを塗る、その役割を網構造体が再現)

テレビ

極超短波(UHF)と超短波(VHS)を用い各テレビは異なる振動数の電波を用い混信を防いでいる。
可視光(波長の短い方から紫、藍、青、緑、黄、橙、赤)となります。

音楽療法

空気の伝えるスピーカーの電子音は人間の心を不幸にする。空気の響きは20~2 万Hz の縦波です。
空気伝導の響きは心理面に影響を与えます。

 

網構造体が震わせる水の響きは1~15万Hzです。伝える速度は1500m/秒、水分と細胞が共鳴し体温を高めます。
空気伝導の響きは20~2万Hz、伝える速度は341m/秒、生きていくための響きを主として感じています。
「ドレミ」の五線譜の音階では、耳の可聴域を超えたクジラや水の伝える響きは表現できません。

 

西堀貞夫は環境・医学・エネルギーの世界で最も優れた技術を

開発できたことを神に感謝しています

特許出願1200 件

植物の根による網構造体水質浄化 網構造体フィルターによる水質浄化 「海の森」コンブの再生技術 イカ墨から液晶テレビ 網構造体ベッド
イカ墨を応用した電波吸収材 呼吸する透水性フィルム 透水性人工皮革 和紙による光触媒技術 リチウムイオン電池
高速道路衝撃吸収材 廃木材と廃プラスチックから人工木材 最先端のオーディオシステム 最先端医学音響免疫療法 最先端の波動エネルギーの発電システム

 

西堀貞夫は世界で最も優れた地球環境、医学、エネルギーの最先端技術を開発しています

 

●環境大臣賞受賞「地球温暖化防止と環境保全」
●日本発明協会奨励賞受賞「健康商品」

  • 環境省 環境事業団より助成を受け、再生樹脂を用いた水質浄化用植物用培地の開発研究を行っております。

    平成12 年度/ 再生樹脂を用いた水質浄化用植物用培地の研究開発費助成金
    平成13 年度/ 植物を用いた水質浄化技術の研究開発費助成金

  • 環境省より平成14 年度、次世代産業廃棄物処理技術基盤設備補助金を受けています。(水質浄化)
  • 環境省より平成16 年度助成金による網構造体で植物を使用し水質浄化させる研究
  • 環境省より平成17 年度助成金による網構造体で海藻を育て海をきれいにする研究
  • 環境省助成金による網構造体を応用 最先端医療「音響免疫療法」を開発
  • 環境省助成金による網構造体の響きを応用 映像音響システムを開発

 

●通商産業大臣賞受賞「JAPAN DIY SHOW 2000」
●通産省環境立地局長賞受賞「自動車プラスティックリサイクル技術」

  • 経済産業省 NEDO( 新エネルギー・産業技術総合開発機構) より助成を受け、光触媒紙の応用技術開発

    平成12 年度/ ベンチャー企業国際共同研究開発費助成金

  • 農林水産省は、農業用フィルムのリサイクルでアインの技術を補助金対象としています。
  • 農林水産 省林業庁より平成14 年度木質系材料等の開発補助金を受けています。

 

●日本経済新聞の日経BP技術賞受賞「プラスティック乾式洗浄技術」
●東京商工会議所会頭賞受賞「木材の有効利用」
●DIY協会/金賞受賞「アドバイザー推奨賞」
●DIY協会/審査委員会賞金賞受賞「人と環境に優しい商品」

  • 国土交通省( 中部技術事務所)と共同で、『地球環境保全』をテーマに間伐廃木材利用型枠を共同開発しています。
  • 日本道路公団と共同で、『廃木材』と廃プラスチックを利用し、木質騒音パネルを共同開発しています。
  • 日本道路公団と共同で、高速道路用自動衝撃吸収材の開発を行っています。

 

西堀貞夫は多くの賞を受賞しましたが、究極の「気」のエネルギーと心をマインドコントロールする研究のため 2000年以降全ての賞を辞退しています。

 

 

 

薬漬けの西洋医学から「気力」で病を治す中華医学へ

借金1000兆円 国家予算90兆円 医療費42兆円の日本は医療費で潰される

西堀貞夫が苦労の末開発した生命に奇跡を起こす音響免疫療法です。
病院の手術・薬は、治す手伝いにすぎません。
病気は自分の力でしか治せません。
日本人の多くはお医者さんが処方する「薬」が治すと信じています。
薬害は更なる病を発症させます。
恐ろしい現実です。
人間の生命をお金儲けの対象にした、間違った医学です。
マスコミはお金の為に、スポンサーの製薬会社のPR に協力、薬漬けにしています。
羊水エンターテイメント療法は、病に勝つ最善の方法です。
日本は医療費42 兆円、日本の経済は医療費で破綻しています。
日本は明治時代に、自分で病を治す東洋医学の思想を捨て、手術・薬中心の西洋医学の道を選びました。
中国は蒋介石の時代、「気」中心の中華医学を捨て西洋医学にしましたが、毛沢東政権により病を自分で治す伝統の中華医学を残した素晴らしい国です。
中華医学中心の「気」の磁気医療を行っています。
予防と自分で病を治す大切さを学校で教育しています。
日本の教育は、予防と自分で病を治す大切さを教えません。
21 世紀は医者や薬に頼らず、映画・テレビ・音楽の響きで自分で治すエンターテイメント医学の時代です。

薬漬けの西洋医学を変えるため、私たちは新しいエンターテイメント医学を提案します。
医療制度で日本は破綻するからです。
国は薬事法・医師法を理由にエンターテイメントの治療効果を規制。
利権を守る構造が国を滅ぼします。
NGO 音響免疫療法患者の会は会員の皆様と共に薬漬けの間違った西洋医学と戦っていきます。