羊水の響きは70兆個の体内細胞を若返らせます

MENU

羊水の響きは70兆個の体内細胞を若返らせます

母親の伝える38℃の体温はがんを吹き飛ばす

 

 

赤ちゃんの体温38℃、水分80%の若い細胞です。
50歳は低体温 水分50%の細胞となり老化した身体となります。
毎日ご自宅の映像ホームシアターで楽しみ、体温37.2℃~38℃に温め水分80%の新しい細胞に生まれ変わることが細胞のがん化を防ぎます。
「体温39.2℃でがん細胞は死滅する。」「マラリアの高熱でがん細胞は消える」がん専門医のあいだでは有名な話です。
熱に弱いがん細胞は胎児のように38℃に温め水分80%の細胞にすることで、がんに勝つ体質にします。
身体は体温が低下すると全身と筋肉を震わせ、熱を生み温めます。
ウイルスに感染すると38℃に身体が発熱、生体防御反応で自己免疫力を高め、病に勝つメカニズムを身体は持っています。
38℃の体温でがんと戦う患者に抗がん剤や解熱剤を使う西洋医学は間違っています。
響きは「がん細胞」「普通の細胞」を一緒に胎児の38℃の体温に近づけ熱に弱い温熱感受性のがん細胞を自己免疫力を高めて戦います。
「マラリアの高熱はがん細胞を消滅する」を応用しています。
世界で初めてエンターテイメントの響きを最先端医学に応用しました。

 

白血球 赤血球は100日で新しく生まれ変わります

「白血球90日」「赤血球120日」で新しく生まれ変わります。
白血病は血液の白血球ががん化、白血病となります。
胎児を38℃に温め、尿を綺麗にする羊水の響きは、「血液」「白血球」を38℃に温め自己免疫力を高めます。
毎日長時間羊水の響きを90 日間聞き続けることで体質が変わり、自然に新しい元気な白血球に生まれ変わらせることで勝つのです。
90 日間で生まれ変わる白血球に抗がん剤投与はおかしい。
免疫細胞、リンパ球は新しく生まれ変わります。
悪性リンパ種はリンパ節にできる腫瘍です。
免疫細胞リンパ球ががん化したのが悪性リンパ腫です。
脊髄の中の血液、リンパ球、骨髄液を羊水の響きで温め、リンパ球の免疫力を高めます。
悪性リンパ腫に侵されたリンパ球を脊髄で響く羊水の響きはリンパ球を温めリンパの免疫力を高め悪性リンパ腫に勝つ体質にします。
リンパ球を新しい細胞に作り変えることが大切です。

 

間違っている西洋医学の「抗がん剤治療」

 

 

地球は鉄と磁気の惑星。
地球で最も多い元素は鉄。
45 億年前、地球が誕生し鉄中心の核が生まれ、N 極S 極を持つ磁場の地磁気を作り出しました。
地球全体が大きな磁石です。
地球に生まれた原始微生物は海水に豊富に含まれる鉄イオンを吸収、鉄呼吸でエネルギーを作っていました。
その後、酸素呼吸でエネルギーを作る現在の生物に進化し、私たちが誕生しました。
血液(ヘモグロビン)の中には強い磁力を持つ鉄イオンを持っています。
体内には4000 ~ 6000mgの鉄を持ち、血液の組成は海水と似ています。
血液、脳、骨髄、肝臓含まれる鉄イオンが、血液の病、心の病、がんの病に大きく関わっていることが分かってきました。
がん細胞は太古の細胞のように鉄分を細胞内に吸収し、免疫細胞による活性酸素と鉄イオンによる酸化作用による攻撃を防ぐため、鉄イオンの鎧で囲みます。
体内の鉄分をがん細胞が吸収するため、がん患者は貧血になります。
ゼロ磁場を発生させる響きは、磁気の作用でがん細胞の鉄イオンの鎧を壊します。
音楽の響きで、がん細胞と普通の細胞を一緒に温め、がんに勝つ体質にします。
がん細胞は35℃の低体温で活発に増殖します。
39.3℃で死滅することが明らかになりました。
体温を高めるとがんに勝つ体質になります。

 

「マラリアの高熱はがん細胞が消える」を応用

 

赤血球のヘモグロビン(鉄イオン)は、酸素・ブドウ糖と結合し、酸素と栄養を細胞に供給しています。
がん細胞の持つ鉄イオンが血液中のヘモグロビン(鉄イオン)を引き寄せ、正常な細胞より先にがん細胞が栄養と酸素を奪い、消費し、がん細胞は増殖します。
このような鉄イオンの関わりにより、がん患者は貧血になり、急激に痩せ、体力をなくし、生きる気力を失われ、命を縮めることになります。
がんは鉄イオンが深く関わっています。
音楽の響きで網構造体を激しく震わせると、ゼロ磁場が発生します。
ゼロ磁場の響きは赤血球に含まれる鉄イオンに磁気共鳴作用を及ぼします。
音楽を脊髄に響かせるとがん患者は体温が上昇します。
鉄の酸化によりホットカイロのように発熱するためと考えられます。
体温を37.2 ~ 40℃に高めると、熱と低周波の響きで自己免疫力が高まり、がん細胞は自然に消えていきます。
(高熱のマラリアにかかるとがん細胞が消えることを応用しています。)
体温が低下するとブルブルと筋肉を震わせ、身体を発熱させるメカニズムを応用しています。
羊水の響きが胎児の尿を浄化するように、「生きている」音楽の響きは、赤血球(ヘモグロビン)の鉄イオンの血液の塩分による鉄サビを防ぎ、水の分子を変え、正常な細胞にします。

 

 

がんと闘う大切なリンパ節を切除するがん治療は間違っている

免疫力が消滅し がん細胞を増殖させます

 

 

現在のがん治療は検査、検査・・・。
がんを発見したら「がんだ、がんだと大騒ぎ」、心の不安とストレスで病状を悪化させます。
「マラリアにかかると高熱でがん細胞は消える」を応用、自分で身体を温め自己治癒力を高めます。
がん細胞と血液の温度を胎児のように温め、自己免疫力を高め、がんに勝つことが可能な時代になりました。
がん患者は、医者の勧めるお金儲けの抗がん剤、手術、放射線の治療でさんざんいじくられ、免疫力と体温が低下し、苦しい思いをし、気力を失くし死期を早めます。
西洋医学は乳がんの治療として、リンパ節を手術で取り除きます。
リンパ節を取り除くと、免疫力が低下し、がんは増殖します。
リンパ管・血管に入り込んだがん細胞をリンパ液、血液を発熱、熱と免疫力でがん細胞と戦います。
がん細胞は発熱させると、好転反応で腫れ、腫瘍マーカーの数値が上がることがあります。
変化が起き改善の過程です。
医師の判断は間違っています。
聴き続けることで、身体を温め自己免疫力を高めがんに勝つのです。
西洋医学は抗がん剤が投与できなくなれば、最後は「緩和ケアに行ってください。」と言われ、医者に見捨てられ、がん難民となりがん難民が辿り着く心の聖地は生命力を高める音響免疫療法。

 

病院から見放され がん末期を克服した患者が喜ぶ笑顔は美しい

 

 

病院で抗がん剤、 手術、放射線と、 さんざん治療でいじられ、 末期がんとなり、見放され、解放され、自宅へ帰されたがん患者の皆さまから、患者の会は多くを学びました。
がんは細胞の病気です。
がん細胞もあなたの細胞の一部です。
がんと闘うのではなく、がん細胞をいじめないで、優しく一緒に温め、幸せにする事が大切です。
病院で見放され打つ手がないかのように思っていたがん患者の方が、 心地よく音楽を聴きがん細胞を温めるとじっくり音楽を聴きます。
初めは好転反応でがん細胞も腫れますが、自己治癒力を高めながら3 時間聴いていくうちに、がん細胞が変化し始め縮小していきます。
1 つ1 つの細胞そのものを身体の内側から細胞とがん細胞を一緒に温め、がん細胞が発熱すると、熱に弱いがん細胞は温熱感受性のため、自然に死滅します。
(身体を温めると腫瘍マーカーの数値が上がります、その後正常に戻っていきます)体温が上昇し温まると、口臭と肌からがん臭が発生します。
がん細胞を温めると変化が起こり、好転反応で病巣が腫れて、臭いを発生させます。
改善する時の過程でおきる反応です。
がん臭を出すことで、がんに変化が起きます。
がん細胞はがん臭を出しながら、少しずつ自然に消えます。
がん患者は視聴ルームでがん臭のくさいお土産を部屋に置いて帰られます。
患者の会はご自宅で聴かれることをお勧めしています。

 

がんに負けない体質にするためには体力をつけ太る事が大切です

がんに負けないためには体質を変え体力をつけて太る事が大切です。
イルカ・クジラ・胎児音の響きを聞き、 がん患者の皆様から、 幸せな気持ちになったと感謝の言葉を頂きます。
「お腹がすくようになった」「手足が温まり痒くなってきた」「表情が良くなった」「食欲が増した」「食事がおいしい」「よく眠れるようになった」「がんを忘れることができた」「痛みがなくなった」「体温が高くなった」「生きる気力が湧いてきた」「肌がしっとりとしてきた」などの体験談を熱心に語っていただきます。
私たちが感じたことは、がん治療には体力をつけて太ることが大切です音響免疫療法患者の会には多くのがん患者でいっぱいです。
ご自宅で音楽を楽しまれ、体温と血液を温めることが大切です。
白血球・リンパ球の免疫力を高めることが大切です。
がん患者のがん臭で「糠味噌(酵素)」が腐るという現象です。
患者に感情移入するやさしいがん専門医の多くが、低体温で病的な無気力のがん患者から生気を奪われ、命を縮め3年で「がん」を発症する現象がありますが、その理由も想像がつきます。
患者自身が体温を高め「がんに勝つ体質」に変え、がん専門医ががんに憑依され「がん」で死なないようにすることが私達の願いです。

 

鳩・ミツバチ・イルカは脳にマグネタイトを持っています

 

 

野性動物は地磁気を感知、方向を知るのに役立てています。
動物は北を枕にして寝る習性を持っています。
火山地帯は溶岩に残留磁気が残り、鉄鉱山の鉱石は地磁気に変化を起こします。
地球の地面の磁気は500~600ミリガウス、高層マンションの10階以上や新宿の歌舞伎町などの磁場の弱い場所は250~300ミリガウスと磁力が少なく、植物や植木の育ちが悪く、人間の心と脳にも悪い影響を与えます。
磁気の弱い場所には悪い人が集まり、様々なビジネスが行われています。
低体温で磁気の弱い女性が被害を被りやすい土地となっています。
地磁気の弱い場所で暮らすには、ゼロ磁場の磁気を発生させ、生体磁石を高めることが大切です。
イルカ・クジラは地球の磁場を感知し、方向を知ることに役立てています。
西洋医学は人間が持つ生体磁石・生体麻薬を医学に応用していません。