70兆個の体内細胞38℃に温め熱に弱いがんと戦います

MENU

若い女性の不眠症は「気」と脳を温めると簡単に眠れるようになります

心療内科に行かないでください

 

 

若い女性は心療内科へ不眠症の治療に訪れます。
医師が簡単に勧める不眠症の薬を大量に飲まされています。
私たちは若い女性の患者さんを通して医師の薬の怖さを知りました。
医師に相談すると簡単に薬を処方されます。
何の不安もなくその薬を飲んでいるうちに、身体がだるくなり元気がなくなります。
医師はお金儲けで若い女性を廃人にしています。
薬は覚醒剤作用で依存性を高めさらに強い薬を身体が求めます。
薬漬けから抜け出せずうつ病になります。
まさか医師から毒薬を渡されて少しずつ具合が悪くなっているとは始めは気づきません。
友人に教えられ、音楽を聴きに来ることが出来た時、初めて自分の具合の悪い本当の理由を知りました。
不眠症を作ったのは医師です。
椅子に座って音楽を聴き晴れ晴れとした頭の状態を実感すると以前の健康な時の気持ちが蘇ります。
ぐっすり眠って、朝スッキリ目が覚めて、凄さにびっくりします。

 

「自律神経失調症」「統合失調症」 頭蓋骨をゆるめ自分の力で克服

自律神経失調症は交感神経と副交感神経のバランスが乱れ心身症を発症します。
脳のストレスとホルモンバランスの乱れが自律神経の異常です。
自律神経を改善するには脊髄の中の自律神経・交感神経・副交感神経を温め、脳のストレスを取り除きます。
脳のストレスを取り除くことで、交感神経優位から副交感神経優位へ転換することができます。
脳への血流量を増やすと、脳の鉄イオンのサビが取り除かれ、脳神経が活性化します。
脊髄と骨盤を温める音楽の響きは頭蓋骨もゆるめ、心と脳のストレスを取り除きます。
統合失調症は思春期に発病する躁うつ病と並ぶ代表的な精神の病です。
発生率は全人口の1%。
120 万人と言われています。
音楽の響きで脊髄に集中する血液・リンパ液・骨髄液・中枢神経・自律神経・交感神経・副交感神経を激しい水の響きで発熱、胎児のように37 ~ 38℃の体温に近づけます。
脳への血流量が増えると、脳神経細胞を活性化します。
骨盤と脊髄を震わせる響きは頭蓋骨を緩め、脳の締りを取り除くことが大切です。
脳の病は血液に含まれる鉄イオンが深く関係していると言われます。

 

子供の頭を良くする母親の願いが叶います

 

 

生体磁石の磁気メモリの強化は頭脳を良くし 記憶力 学習能力 集中力を音響免疫療法は高めます

 

・脳のマグネタイト(生体磁石)が血液の鉄イオン(強磁性)を引き寄せ、血液が磁気を高め、 磁気メモリのように記憶力を高めています。
血液の1/3、1.5kg を脳で使用しています。
脳に張り巡らされた毛細血管の血液は鉄イオン(強磁性)で満たされています。
音楽の響きは脳血液の生体磁石の磁力を高め「集中力・記憶力・学習能力」を高めます。

 

・低体温で残酷なゲームに夢中になるとゲーム脳になり、現実の社会との区別がつかなくなり凶暴な性格になります。
脳の血液を温め、脳への血流量を増やし、心のストレスを取り除くと、引きこもり・家庭内暴力・不登校は改善します。
ゲームに夢中のお子さんをお持ちのお母さんはぜひ試聴ルームにお越しください。

 

家庭内暴力や不登校は脳の血液・神経細胞が温まると自然に治る

家庭内暴力や不登校は病気ではありません。
音楽の響きで脊髄の血液を温め、サラサラにし、脳への血流が増えると、毛細血管が活性化し、ヘモグロビンの鉄イオンの磁気が強化され、脳の神経細胞が蘇り心が穏やかになります。
脳梗塞の患者がすぐ怒るのと同じです。
神経と血液を温めることで、脳の体質が変わり、表情が明るくなり、性格が良くなります。
生命の急所脊髄に響かせる音楽は、心と身体を健康にします。

 

気功の生体エネルギーは脳細胞を若返らせアルツハイマーに勝つ

 

 

認知症は加齢に伴う低体温と脳への血流不足で、血液の循環障害による神経細胞
の老化と血液の鉄イオンの錆による変性で大脳皮質の委縮が原因です。認知症は
、脊髄の血液を温め、ドロドロの血液をサラサラにします。脳への血流量が増え、毛
細血管が若返り、血液の磁気を強化すると、脳が若い頃のように蘇ります。ぜひ、確
認に試聴ルームにお越しください。身体ですぐにわかります。

 

元気で健康な体質にし 最後はころりと死ぬ「ピンコロの夢」を実現します

認知症は加齢に伴う低体温と脳への血流不足で、血液の循環障害による神経細胞の老化と血液の鉄イオンの錆による変性で大脳皮質の委縮が原因です。
認知症は、脊髄の血液を温め、ドロドロの血液をサラサラにします。
脳への血流量が増え、毛細血管が若返り、血液の磁気を強化すると、脳が若い頃のように蘇ります。
ぜひ、確認に試聴ルームにお越しください。
身体ですぐにわかります。

 

 

38℃の赤ちゃん 心臓はがんにならない 胎児を38℃に温める

羊水の響きに学んだ音響免疫療法は熱に弱いがんを吹き飛ばす

「気」のエネルギーを高め70兆個の体内細胞を温め熱に弱いがんと戦います

 

 

60兆個の体内細胞は毎日少しづつ新しい細胞に生まれ変わります。
体温38℃、水分80%の赤ちゃん細胞に甦らせることが、がんに勝つのです。
「マラリアに感染すると高熱でがん細胞が消える」医学では有名な話です。
母親の羊水の響きのリズムは、胎児の体温を38℃(直腸温39℃)に温め、自己免疫力を高めています。
羊水の響きは、胎児と同じように体温を上昇させます。
体温を高め熱に弱いがん細胞と戦うのです。
「がん細胞」も「普通の細胞」も一緒に胎児のように温め、幸せにします。
熱に弱いがん細胞は37.2~40℃に発熱すると、がん臭を出します。
人は歳を重ね、50 歳になると細胞の水分は50%と少なくなり、低体温で、しみ・たるみ・しわの老化した肌になり、がん患者が多くなります。
胎児のように体温38℃、水分80%の細胞に甦らせることが、がんを防ぎます。
がん細胞は強い磁力を持つ鉄イオンを取り込んでいます。
がん患者は貧血になります。
ホットカイロは鉄を酸化発熱させます。
鉄イオンを持つがん細胞も発熱します。
胎児の尿で汚れた羊水を、母親の羊水の響きがきれいにしています。
水分を活性化し細胞を若返らせます。

体温の低下は、身体を温めるため全身の筋肉をブルブルと震わせ、熱を作り、自己免疫力を高めます。
熱に弱いがん細胞に勝つ38℃の体温に解熱剤を使う西洋医学は間違っています。
さらに抗がん剤投与は正常な細胞とがん細胞を「一緒に殺し」、免疫力を低下させ生命力を奪ってしまいます。
毎日ご自宅で聴き続け、胎児のように体温を38℃に高め水分80%の元気な細胞に甦らせることが、がんに勝つのです。
新しく作り変えることができる体内細胞を抗癌剤で改善とか、治療をするという西洋医学の表現はおかしい。

 

母親が胎児を38℃に温める羊水の響きに学んだ音響免疫療法は熱に弱いがん細胞と戦う研究を中国政府衛生部・解放軍総合医院301・北京大学は最先端の中華医学として共同で行っています

 

 

抗がん剤でがん細胞を殺す治療法はもう古い

健康な細胞もがん細胞も身体の一部です。
響きは、細胞もがん細胞も一緒に37.2 ~ 39℃に温め、熱と免疫力でがんに勝つ体質にします。
温熱高感受性のがん細胞は高熱に弱いのです。
マラリアの病はがんが消滅するのはこのためです。
がん細胞を敵にし、抗がん剤で健全な細胞も一緒に殺す治療法はもう古いのです。
身体の持つ免疫力が低下し、死を早めます。
健康な細胞もがん細胞も身体の大切な細胞です。
一緒に音楽の波動エネルギーで温め幸せにすると、免疫力が高まり、熱に弱いがん細胞は自然に消えます。
脊髄の中のリンパ球、白血球、赤血球を温めると免疫力が高まり、がんに勝つ体質は、がんの増殖を防ぎます。
高熱と免疫力でがんを克服する、音楽の響きを応用しました。
脳腫瘍、舌癌、喉頭癌、甲状腺癌、肺癌、食道癌、胃癌、大腸癌、直腸癌、皮膚癌、肝臓癌、膵臓癌、子宮癌、卵巣癌、膣癌、前立腺癌、精巣癌、膀胱癌、骨肉腫、悪性リンパ腫、リンパ癌、小児癌、白血病

 

がんでは死なない

病は「気」から 気力を高め熱に弱いがん細胞に「気」で勝つ

 

 

健康な細胞もがん細胞も身体の一部です。
ゼロ磁場の響きは血液の赤血球(ヘモグロビン)を温め、活性化させます。
ヘモグロビンに含まれる鉄イオンが、細胞に酸素と栄養を供給、酸化還元反応を高め、新陳代謝を良くし、若い細胞に活性化させます。
胎児の尿と体液で汚れた羊水を、母親の響きの波動エネルギーで水分子を変え、浄化しているのと同様に、羊水の水の響きを身体に響かせると、身体の中の水の分子が変わり、細胞を若返ります。
血液が37.2 ~ 39℃に温まり、熱と免疫力でがんに勝つ体質にします。
がん細胞は温熱高感受性のため高熱に弱いです。
マラリアにかかるとがんが消滅するのはこのためです。

 

がんの専門医の多くは家族や自分には抗がん剤は投与しない

がん専門医は、自分や家族に抗がん剤は投与しないという話は有名です。
がんの治療に最もポピュラーな抗がん剤の投与は、実際にがんの克服に役に立っていないという事が明らかになってきました。
それどころか、患者の生命を弱らせ、寿命を短くしてしまうという危険性が極めて高い事を、がんの専門医が見てきているからです。
それを解っていても、病院の利益の為に患者の死を早めても、抗がん剤を投与します。
新開発の抗がん剤治療と銘打った薬を多用し、不要な手術を提唱する医者ほど、名医としてやマスコミが祭り立てます。
良心ある医者はなおざりにされています。
薬や手術に頼らないで身体の免疫力を高めて治す優秀な医者は有名になりません。
この問題は日本の保険制度にあります。